【9/25新商品案内】新千歳空港で平成のパピプペポを踊ったあの頃の記憶は全く蘇りませんでした

こんばんは、和泉です。

北海道で行ってきたのですが、やっぱ13年も経ってるとまったく記憶ありませんね。それどころか最終日は強烈な胃もたれでダウンして肉体が終了していたので、かつての記憶を辿る余裕も何もありませんでした。

そんなこんなで明後日から台湾出張です。臨時休業が続いて申し訳ございません。

では商品案内いきますよ〜

//////

【新商品①】バイシクル・プロトタイプ・デック

★商品リンク★
プレイフェア / バイシクル・プロトタイプ・デック:リッチブラック
プレイフェア / バイシクル・プロトタイプ・デック:ローズゴールド

数年前にリリースされたUSPCの最新技術「MetalLuxe(メタル・ラックス)」は、通常のバイシクルの紙に箔押しをして、その上にエアークッション・フィニッシュをかけるというものでした。今までになかったクオリティにかなり話題になったのですが、それが進化した2019年の試作品バージョンがでました。

左がマット調のリッチブラック、右がテカテカのローズゴールド。リッチブラックは今までの黒インクとは異なる「真っ黒」な感じで、写真じゃ全然伝わりませんがカッコいいです。このMetalLuxeは台湾製ではできない細かい印刷が魅力的で、ローズゴールドはこれでもかというぐらい光ります。

USPC製。バイシクル品質ですがかなり柔らかいです。

 

【新商品②】ウィン・デック:ブラウン

★商品リンク★
プレイフェア / ウィン・デック:ブラウン

みんな大好きWynnデック!2005年に始まり2007年に失くなってしまったこのデックですが、年代ごとにそれぞれ品質が全くことなっております。通常流通している「未キャンセルもの」は2007年にWynnのオーナー権が変わった以降のもので、実はこれは質が良くないのです。一部Wynnは2005年製の未キャンセルものが流通しており、とても高品質なのですが、このブラウンは2005年ものになります。

シンプルながらエレガントな雰囲気を持ったバックデザイン、実用性満載のジャンボインデックス、Beeの紙が使われたハードな手応えに滑りすぎないオハイオ製。Fontaineの元にもなった元祖カーディストリーデックでもあります。興味ある方はどうぞ〜。

 

【新商品③】フクロウ・バイシクル・デック

★商品リンク★
プレイフェア / フクロウ・バイシクル・デック

本根康之氏(@honnesan)が「五月の連休引きこもってたら、全札揃ってしまったので、製作を試みました」という勢いで作られた完全オリジナル・デザインのデックです。

マニアならまず「お!」と思うのが、グレーのバイシクルケース。昔Bicycle Silverというのがありましたが、それとは違いよく見るとゴールドのメタリックインクが使われています。普段ケースにはスペードが描かれるのが多い中、ハートのジャックになっているのも素敵です。フェイスは擬人化気味のフクロウが描かれ、バックは一見ベタ塗りの黒ですが実はマルチカラーでフクロウがこっちを見ています。かわいいとカッコいいがいい感じに混ざっていて、マジシャンもカーディストもコレクターも満足できる一品です。

品質は安心安全のUSPC製。唯一残念な点をあげるとしたら、クロージャーシールがかわいいので破るのを躊躇することぐらいでしょうか…

 

【新商品④】オメガ・デック

★商品リンク★
プレイフェア / オメガ・デック

Galaxy Decksが2019年に作ったカーディストリー用デックです。ファンにしたときの見え方が面白く、触るといろんな遊びができて楽しいです。

Crushed StockとTraditional Cutが使われていて、品質はまったく問題ありません。どちらかというと柔らかいタイプ。ボーダーはかなり細いのでファンにするとカッコいいのですが、反面、デザインの都合上天地が大きくできてしまうのでマジックには使いづらいと思います。このデザインはそもそも使いづらいですが…。

USPC製。とても面白いデックですよ〜